エレベーターは長く安全に使うため保守やメンテナンスが大切!
ロゴ

安全に乗ろう!エレベーターの保守仕様について

エレベーターのしくみ

油圧式エレベーター

油圧エレベターは、油圧パワーユニット、油圧ジャッキ、圧力配管の3つで構成されています。油圧パワーユニットで油圧ジャッキを動かして、昇り降りをさせる仕組みです。特徴として、重量物の運搬用に適しているので、工場や倉庫で油圧式エレベーターが導入されることが多くなっています。

ロープ式エレベーター

ロープ式エレベーターは2種類に分けられます。巻胴式とつるべ式です。初期は、巻胴式ですが現在はつるべ式が多く導入されています。つるべ式は、人が乗り降りするかごとつり合いの重量をつり合わせて、巻上機で自動的に動かすもっとも基本的なタイプです。

エレベーターの清掃業務について

日常清掃とは

エレベーターを導入している施設の清掃業務には、日常清掃と定期清掃の2つがあります。日常清掃は、週2回程度で行われる清掃です。ゴミをとったり、汚れているところを綺麗にします。日常清掃は、とても重要です。もし、マンションに空きがあった時、清掃がされていないと賃貸付けが決まりにくくなります。

定期清掃とは

定期清掃は、半年から一年に一度に大きな清掃です。普段の水拭き掃除では、取れない汚れを機械を使って行います。マンションの大広場や廊下などの洗浄は、費用は高くありません。一年に一度は、定期清掃をして綺麗にすることをおすすめします。

費用について

日常清掃は、半日間で完了することが多いです。時間はおよそ3時間で、1回の清掃によって4000円から5000円になります。もっと費用を安く抑えたい場合は、シルバー人材などの人員を使うと安くなる可能性があります。定期清掃の費用は、面積があるので費用がかなりかかります。

抜き打ちチェックを行う

管理会社によっては、清掃を手抜きしている場合があります。清掃の様子を見に来られないからと清掃の回数を減らして、金額だけ請求するという悪質なことをする可能性があります。自分で様子を見に行って、清掃されているか確認をしたほうが良いです。

エレベーターは長く安全に使うため保守やメンテナンスが大切!

エレベーター

メンテナンスの契約について

エレベーターを導入したら、性能を発揮させるために定期的な点検・整備・部品の交換が必ず必要になってきます。未然の事故を防ぐためにも定期的なメンテナンスをおすすめします。

FM契約

新築時から30年以上保有する場合は、FM契約がおすすめです。これは、修理費用を考えるとコスト的にも安く抑えられます。契約内容は、劣化した機械部品や電気部品の交換やエレベーターの定期的に点検、清掃、給油を行います。注意してほしいのは、かご、扉、巻上機、電気機などの修繕は、契約書には有償とある場合があるので、必ず確認をしてください。

POG契約

新築から10年以内に売る場合は、POG契約がおすすめです。10年経過した後、売ることが確定しているのであれは、故障が少ないので、コストを圧縮できます。契約の内容は、消耗品の交換やオイル交換、エレベーターを定期的に点検と清掃を行います。

中古物件の場合はどの契約がおすすめでしょうか

一般的に、中古で物件を購入する場合の契約は、POG契約多いです。コストを下げたい時は、独立系で見積もりをお願いしましょう。月の費用が2万までの保守業者が見つかればコストを抑えられます。

広告募集中